1歳児の夜泣きは生まれたての新生児とは違い、体力もつき声のボリュームも大きく、ママが疲弊しがちですよね。
急に始まった夜泣きに対して、戸惑うママは多いはず。
一般的に夜泣きは、生後六か月ごろから始まり、1歳半には大抵の赤ちゃんが落ち着く傾向が見られます。
夜中に子供が寝てくれないと親も不安になるばかりか寝不足にもなりますし、夜中泣いてしまうことで子供の体調も気がかりですよね。
そこで今回は、1歳以降から始まってしまった夜泣きの原因と対策をご紹介します。

 

1歳の夜泣きの原因 

まず1歳以降の赤ちゃんが夜泣きしてしまう原因に、浅いレム睡眠の時間が長いことが挙げられます。
深い眠りについている時間が大人に比べて短いので、その間に目を覚ましてしまうのです。
日中に良く体を動かし、夜に深い眠りにつけるようにして、睡眠前には照明も音楽も消すようにして睡眠環境を整えましょう。

両親の生活リズムが崩れていると赤ちゃんのリズムにも影響が現れます。
ご両親のどちらかが不規則な生活を送っていたり、就寝時間が毎日バラバラであると夜泣きの原因になることがあります。

1歳になって活動範囲も広がり、新しい人や場所に刺激を受けることが増えてきます。
赤ちゃんの脳は眠っている間に経験したことを夢として整理するので、日中に受けた刺激が強いほど夜泣きの原因になってしまうのです。

体調不良の時にも赤ちゃんは夜泣きをします。鼻水や発熱がある時、またお腹を痛がったりする場合などは腸重積などの恐ろしい病気が隠れている場合もあるので、体調の変化には気を付けましょう。また環境の変化によってストレスを感じ夜泣きすることもあるので、子供のストレスの原因を探してあげることも重要です。

睡眠障害

睡眠障害とは、寝ている子供が激しい恐怖を感じてしまい、泣き叫んでしまう「夜驚症」を言います。
「夜驚症」の場合、どんなに深い眠りについていても恐怖で目が覚めてしまい心拍数や呼吸の乱れなど身体的な症状が現れます。
「夜驚症」の原因はまだ特定されていませんが、脳の機能が未発達のためだと言われています。
症状がひどい場合は小児科医や自治体の検診などで相談するといいでしょう。
成長に伴って症状が自然消失するのも特徴です。

 

1歳からの夜泣きに効果的な対策法は 

まず生活リズムを整えましょう。
夜泣きをしてしまう赤ちゃんは遅い時間まで寝てしまいがちですが、早寝早起きを心がけましょう。
とはいえいきなりリズムを変えるのは難しいので、なるべく決まった時間に起こしてあげるようにしましょう。

朝日を浴びて体内時計をリセットさせるのも効果的です。天気がいい日は屋外でたくさん遊ばせるなどしましょう。
悪天候の日でも、お絵かきなどするだけでも1歳の子供にとっては脳の運動になります。
適度な疲れが深い眠りを導き、夜泣きの減少につながります。

また入眠時間の2時間前には入浴を済ませておきましょう。温まった体が冷えるころに深い睡眠が得られやすいです。

入眠儀式を見つけることも重要です。
子供が眠るタイミングをきちんと理解するために、毎日決まった行動をとりましょう。
例えば入浴後は部屋の照明を落としたり、テレビを消したり絵本を読み聞かせたりなどして習慣化させましょう。
子守唄をゆっくり歌ったり、マッサージをするなど赤ちゃんが好む入眠儀式を探してあげることが、夜泣きを防ぐことにつながります。

夜中に授乳をしていると、毎回お腹がすいていて泣いているのではなく、口さみしくて夜泣きしてしまう場合があります。
離乳食をきちんと食べてくれているのであれば、思い切って断乳しているのも一つの手です。

断乳して最初の一週間程度は赤ちゃんも急におっぱいがなくなったことに戸惑い夜泣きがひどくなることがあります。
お昼間の授乳の際に、夜はおっぱいとバイバイねなど言い聞かせてあげたり、おっぱいにかわる安心感を与えてあげられるように、横になってお腹をさすってあげたり手を握ってあげたりするといいでしょう。

また、夜泣き対策には定番となるグッズがあります。
ヒーリングの音楽や、気持ちを落ち着かせるカモミールティーが代表格です。
口コミで話題となり、ママとお子さんの安全や健康にも配慮したグッズを厳選しましたので、子供もママもリラックスしながら夜泣きを解決できる話題の夜泣き対策グッズを参考にしてみてください。

 

夜泣きはあきらめた方が気が楽? 

どんなに生活リズムを整えても、何をしても夜泣きがおさまらない・・・
ママが毎日頑張っても一向に泣き止まない・・・
「どうして夜泣きが止まないの?」と考えても答えはありません。
泣き止ませようと焦ってしまうことで、赤ちゃんにも伝わり悪循環になってしまいます。
そんな時はもう、この子の成長には夜泣きが必要なんだと諦めてしまうのも一つの方法です。
それでも毎晩夜泣きにママ一人が付き合うのはとても無理があります。
なので添い寝をパパに代わってもらったり、ママ一人でお昼寝をする時間を作ってもらうなど、ママも周りに助けてもらいましょう。

いつかは終わる夜泣き

夜泣きはいつか終わるとわかっていても、いつになったら終わるのかと憂鬱な気分になりますよね。
夜泣きしても、何も問題がなければ様子を見るという方法もあります。
最初は2~3分様子を見て対応するようにして、徐々に時間を長くすることで赤ちゃんの自分で眠る力がついていきます。
毎日赤ちゃんは成長しているので、いつか朝まで寝てくれるだろう、と気を楽にして乗り越えましょうね。