赤ちゃん時代も過ぎ、やっと少し楽になったと思ったのにまた始まってしまった夜泣き。
何度も起こされるママは本当につらいものがありますよね。
赤ちゃんが夜泣きをする期間は一般的には生後6か月~1歳半といわれています。
特にピークになるのは9か月ごろのようです。

ですが、夜泣きが始まる時期や治まる時期は個人差があるため、1歳半を過ぎた2歳になっても夜泣きをする子供はいるのです。

2歳児と言えば、魔の2歳といわれるほど手がかかってしまう時期。
一人でいろいろなことができるようになり、自己主張も激しくなり自我が芽生えるころです。
ママやパパの言うことにはすべて「イヤイヤ」と、イヤイヤ期ともいわれていますね。

そんな魔の2歳児が夜泣きをしてしまう原因と、対処法についてご紹介していこうと思います。

夜泣きが2歳で起こる原因

次から具体的に何が原因で2歳児が夜泣きをするのかを紹介します。
いきなり対策を知りたい気持ちもわかりますが、そもそもの原因を知っておくことで、様々なケースに応用できるようになりますので是非ご一読ください。

情緒不安とママへの甘え

まず最初に夜泣きの原因はママのしつけのせいではありません。
しっかりしているようでしていない、言葉の意味が分かっているのかどうかわかりにくい2歳児との接し方に戸惑うママも多いはず。
自我が芽生え、何でも自分でやりたがるかと思えば、赤ちゃんのように何もかもママに甘えてくることもあります。
2歳児は本当に扱いづらい時期なのです。
ですが子供が自分でしたかったことを、ママが手助けのつもりでしてしまったり、子供が話しかけても上の空で聞いていなかったりする、そのようなことが続いた場合は子供は情緒不安定になってしまうことがあります。
子供が甘えてくるときは、愛されている確信が欲しい時です。
なにか子供が自分で何かをやろうとしている時、何かを伝えようとしている時は見守ってあげることが重要です。
夜中起きてしまい。ぐずぐずと静かに泣いてしまう子供は、「甘えたい」という意識の表れと考えられています。
日中思うように接してもらえなかった、保育園や幼稚園で先生やお友達となにか小さな諍いがあったなどが考えられます。

また、急な引っ越しや家庭環境の変化なども原因として考えられます。

成長痛と夜泣き

成長痛という言葉は知っているでしょうか?

成長痛とは、子供の体が急激に成長することによって生じる痛みだと考えられています。

成長痛は小学生や中学生の間におこるものだと思われがちですが、本当は2歳児でも起こり得ることなのです。
成長痛とはその名の通り、体や骨が成長する時期に起きてしまう痛みを言います。
特に成長痛が現れるのは2~3歳ごろから11歳ごろまでと言われています。
成長痛の場合、泣き叫ぶように泣くことはほとんどありませんが、日によってひどく痛んだり、まったく感じなかったりするときもあるようです。

うまくお昼寝がとれていないかも

2歳児にとってお昼寝の時間はとても大事なものです。
行動範囲も広がり、さまざまな刺激や経験をしている2歳児の脳の中は情報過多となり、お昼寝の時間でリセットされるようになっています。

お昼寝をしないと脳が情報を整理しきれなくなってしまい、興奮状態のまま夜を迎えることになってしまいます。
そのままですと、夜泣きをしてしまうのも仕方ありませんよね。
また反対に、お昼寝をしすぎてしまっても、夜に眠れなくなってしまったり、眠りが浅く夜泣きしてしまうといったことにもつながります。

2歳の夜泣きと発達障害との関連性

2歳になっても酷い夜泣きが改善されない場合、ママはもしかして異常があるのでは?と不安になってしまう方も多いと思います。
実際に発達障害を持つ子供の多くに夜泣きが激しかったり、長く夜泣きをしていたという夜泣きとの関連性がある報告がされています。

ただ、夜泣きをするから発達障害というわけではなく、夜泣きに加え言葉の発達の遅れや、親からの呼びかけや目線が合わない、一人遊びが多く集団行動が苦手などという傾向が見られたら発達障害を疑い、小児科医や自治体の職員に相談するようにしましょう。

夜泣きの改善策とは?

朝は決まった時間に必ず起こしてあげること。
朝になるとカーテンを開けて朝日を浴びさせ、体内時計をリセットさせてあげましょう。
また朝ごはんも毎日決まった時間に食べるようにしましょう。

また昼寝は長くなりすぎないようにしましょう。
長くても30分~一時間にとどめましょう。
子供がお昼寝している間は、ママがホッとできる時間であり、溜まった家事をするチャンスでもあります。
ですがあまりにもお昼寝が長くなってしまうと夜寝付けず、浅い眠りになってしまい夜泣きにつながってしまいます。

2歳児の夜泣きの原因は様々ですが、夜泣きをしてしまう子供の中には夢と現実の区別がついていないことからくる不安が原因のこともあります。
そういう場合はいくら落ち着かせようとしても効果はなく、余計に泣いてしまいます。
そういう場合は思い切って完全に起こしてしまうのも一つの手です。
一旦暗い寝室から出て明るい部屋でテレビを見せたり、温かい飲み物を飲ませて落ち着かせましょう。

また、夜泣き対策には定番となるグッズがあります。
ヒーリングの音楽や、気持ちを落ち着かせるカモミールティーが代表格です。
口コミで話題となり、ママとお子さんの安全や健康にも配慮したグッズを厳選しましたので、子供もママもリラックスしながら夜泣きを解決できる話題の夜泣き対策グッズを参考にしてみてください。

最後に

2歳児の夜泣きは声も大きく、長時間になると気がめいってしまうほど大変なものです。

ですが成長に伴い必ず必ず治まるものなので、子供の声を受け止めて、うまく乗り切っていきましょう。