アロマテラピーは、植物の香りによってストレスを解消したり、気分をリフレッシュしたりするものです。
不眠の改善や安眠を誘う効果があると言われており、夜泣きをしている赤ちゃんに効果はあるのか説明します。

赤ちゃんの夜泣きとアロマオイル(精油)

現在はアロマ入りの専用オイルを使ったベビーマッサージも盛んになっています。
ベビーマッサージは親子のスキンシップの一つとして、ママの手と赤ちゃんの肌が触れ合うことで、赤ちゃんは安らぎをもたらし、その心地よい刺激が赤ちゃんの心や体、脳の発達に良いとされています。
また、アロマを使用することでアロマの良い香りは赤ちゃんにとっても気持ちを落ち着かせたり、ストレスを和らげたりしてくれます。
実際にベビーマッサージをしてから夜よく眠るようになった、芳香浴(アロマディフューザーやアロマライトを使用して香りを拡散させる方法)によって夜泣きが改善されたというママもいます。

赤ちゃんに使用する際の注意点

しかし、赤ちゃんにアロマテラピーをする場合は注意も必要です。

注意点1

まず、安眠に効果があるとされていて、なおかつ赤ちゃんにも使用できるアロマオイルは、ラベンダーやカモミールといったものです。
これ以外のアロマオイルは刺激が強かったり、赤ちゃんおまだ未熟な神経や免疫に作用してしまう恐れがあるため避けましょう。

注意点2

また、アロマオイルはマッサージではなく、あくまでも芳香浴に使います。
ベビーマッサージで使われるオイルは、専用に調合された安全なものです。
自己判断でアロマオイルをマッサージに使用すると、体の小さい赤ちゃんは思わぬ影響を受けることがあるため注意が必
要です。

注意点3

最後に、アロマオイルは必ず質の良いいいものを選ぶことが大切です。
安く売られている精油は合成香料などが使用されてることが多く、100%ピュアオイルの表記があるものを選びましょう。

赤ちゃんでも使用できるアロマオイル

赤ちゃんや産後のママは、何かと敏感な状態なので、高価もしれませんがオーガニックのアロマオイルの使用をおすすめします。
今回紹介するのは、「ヤングリヴィング社」が出しているアロマオイルです。
100%オーガニックで、無農薬の土壤で育てた良質な植物のみから排出したメディカル等級のものなので安心です。

おすすめの安全なオイル「ローマンカモミール」・「ラベンダー」

ローマンカモミールとラベンダーの2つのアロマオイルは、お子様でも比較的安心して使うことができます。
また、ラベンダーで赤ちゃんの安眠効果を高めたり、お肌もケアできます。
特に安全性の高いローマンカモミールとラベンダーは赤ちゃんでも使えるアロマオイルです。
しかし、赤ちゃんは大人に比べて色々な機能が未熟で解毒能力が低く、敏感なため濃度を薄めて使用することと使用する精油も100%ピュアオイルを選びましょう。

赤ちゃんが寝付けない時にはカモミール

夜になかなか寝ない時はマッサージオイルに「カモミール・ローマン」と「ラベンダー」を少し混ぜて塗ってあげると良いでしょう。
カモミール・ローマンは、安らぎを与え、リラックスしてくれる香りと言われており、怒りを抑えて過去の感情を開放してくれます。
赤ちゃんはストレスが多いと言われ、慣れない環境に置かれているのですから泣いてしまいます。

赤ちゃんの就寝前の芳香浴はラベンダー

ラベンダーはリラックスや安眠だけでなく、疲労回復にも効果があります。
お風呂は湯気がたくさん上がるところなのでお手軽にアロマの芳香浴ができます。
子供の手の届かない場所に耐熱容器にお湯をいれ、アロマオイルを数滴垂らすと浴室にほんのり香り、直接肌に触れないため安心です。
また、寝室で就寝前に行うのも良いでしょう。

赤ちゃんに使えるアロマブレンドオイル「ピース&カーミング」

ピース&カーミングは、赤ちゃんから使えて心を安定させたり、安眠へ促す効果があります。
赤ちゃんの夜泣きにこの香りは最適で安心して眠ってくれます。
また、赤ちゃんの便秘やストレス緩和に使え、興奮したり、不安をかかえたり、集中できない時にもいいです。

赤ちゃんとママのためのアロマブレンド「ジェントルベイビー」

ママと赤ちゃんのためにブレンドされたやすらぎのアロマの香りで、妊娠中のブルーナ気持ちや産後のストレスを緩和してくれる効果や赤ちゃんの機嫌が悪いときにも役立ちます。
また、授乳中のママにはそのオイルで乳首のまわりをマッサージして良い母乳が出るように促すのもおすすめです。

アロマオイルを使用して夜泣き対策

専用のアロマディフューザーやアロマポットがなくても、芳香浴をすることができます。
小さな耐熱のボウルに熱いお湯を入れその中にアロマオイルを垂らして部屋に置くと湯気でアロマオイルが拡散されて部屋がふんわりやさしい香りになります。
また、ハンカチやタオルにアロマオイルを1滴染み込ませ、枕元に置いておく方法もあります。
ただし、赤ちゃんがアロマオイルのついたハンカチを口に入れないように気を付けましょう。

まとめ

赤ちゃんの夜泣きは本当に大変でママにストレスが溜まってしまいます。
今回紹介したアロマオイルを活用してみてはいかがでしょうか。
夜泣きに効果が見られなくても、ママの気持ちが落ち着いたり、疲れが取れたと感じると思います。
ぜひ、アロマテラピーを試して心と体をリフレッシュしましょう。赤ちゃんの夜泣き対策グッズで寝不足解消!