夜泣きは突然始まります。もう限界と思っている時には、おしゃぶりという安眠グッズに頼りたくなります。今は、新生児期から使える物も販売されている時代です。でも、おしゃぶりを使っていいの?と悩んでおられるママとパパ必見です!おしゃぶりのメリットデメリット、使うと決めたらその時の注意点をまとめてみました!

昔と今のおしゃぶり情報の比較

海外では、赤ちゃんの絵には必ずと言っていいほどおしゃぶりが描かれていますように、昔からおしゃぶりに抵抗はないようです。しかし、日本では、未だに浸透していません。おしゃぶりに対しては、賛否両論が飛び交っています。しかし、昔と今では、考え方が少し変わってきているようです。

おしゃぶりの昔の情報

不衛生、歯並びが悪くなり、出っ歯になる。親の身勝手になり、赤ちゃんがかわいそうだから使用しない方が良いアイテムだと言える。

おしゃぶりの今の情報

歯の影響は気になる。今は、おしゃぶりホルダーやカバーがあり、除菌シートも手軽に持ち歩ける時代なので、不衛生にはならない。おしゃぶりは適度に使うと有効的で、赤ちゃんの安心材料にもなるし、忙しいママのストレスを軽減させる効果もあるから、使用時間を考えて使うなら助かるアイテムだと言える。

おしゃぶりのメリットとデメリットの比較

昔も現在も、デメリットとして歯に影響するという点では共通しています。歯への影響の事を含め、他にもどんなメリットとデメリットがあるのか比較してみましょう。

おしゃぶりのメリット

  • 夜泣きをした時、すぐに寝てくれる
  • 吸う事で、赤ちゃんの安心材料になる
  • 静かにしなきゃいけない場所で静かに出来る
  • 睡眠時スムーズ
  • 指しゃぶりより衛生的
  • 指しゃぶりを阻止出来る
  • 鼻呼吸になる
  • 舌が鍛えられる
  • 忙しいままのストレスが軽減される
  • 公園などで砂などを口に入れないので、安心して遊ばせることが出来る
  • アメリカの研究では、乳幼児突然死症候群の予防として効果的だと言われている

おしゃぶりのデメリット

普通に使用

  • そのまま使用すると不衛生
  • 赤ちゃんとのスキンシップが減る
  • 物を口に入れて学習する機会を奪うことになる
  • 静かになるので、親が子供の事を考える時間が減る

おしゃぶりを長く使用したときの影響

  • 言葉の発達が遅くなる
  • 歯並びが悪くなる可能性がある
  • 出っ歯になる可能性がある
  • あごの発達にも影響が出る可能性がある
  • 中耳炎になりやすくなる
  • 依存が強くなり、止めさせる時が大変になることが多い

おしゃぶりは育児補助アイテムと言える?

このように、おしゃぶりのメリットやデメリットを比較してみても、どちらも納得のいく考え方です。でもじっくり比較してみると、デメリットに関しては、おしゃぶりの使用時間で改善されるという事が分かります。長時間、長期間使用しなければ、ママやパパの育児を楽にしてくれるアイテムと言えそうです。

おしゃぶりの正しい使用方法

では、どのように使ったら良いでしょうか?

・赤ちゃんが泣き始めると、オムツを替え、授乳、もしかしたらもう一度オムツを替え、そしてあやしてあげると思います。しかし、赤ちゃんと遊んでばかりもいられず、家事もしなければならないのに大泣きされると、ママの方が泣きたくなってしまいます。そんな時おしゃぶりの出番です!おしゃぶりで落ち着いたら、30分~1時間くらいで用事が終わらせ、寝ていても起きていてもおしゃぶりを外しましょう。寝ていたら更に家事を進める事が出来るかもしれませんし、起きていたら沢山スキンシップの時間をとってあげましょう。

・夜、なかなかスムーズに寝てくれない時、おしゃぶりの出番です!吸う事で安心し、スムーズに寝てくれます。寝てくれない時は、おなかがすいていたり、オムツが汚れていたりするかもしれません。対策してあげましょう。
・夜泣きの時期は、おしゃぶりはとても助かります。何回も夜泣きをする、毎日夜泣きをする、そんな時は、泣いた瞬間おしゃぶりの出番です!すぐに安心して眠ってくれます。寝た後、無理やりおしゃぶりを外す必要はありません。外すために起きていたら睡眠不足解消になりません。赤ちゃんがぐっすり眠ってしまったら、おしゃぶりはポロッと口から落ちます。

・指しゃぶりが始まってしまいました。おしゃぶりの出番です!指しゃぶりは、指の変形も気になりますし、歯並びにも影響してくるからです。でも、指しゃぶりは胎児の時からしていた自然な行為。無理に止めさせることはせず、指をお手ふきで拭き、少し指しゃぶりをさせてから、おしゃぶりにさっと代えてあげます。

このように、おしゃぶりをしたまま放っておくのではなく、様子を見ておしゃぶりを外し、スキンシップの時間をたくさん取るようにするという意識が大切だと思います。赤ちゃんは、ママやパパと沢山目を合わせたり話しかけられたりすることで大きくなります。ママやパパが笑顔じゃないと、泣くことが多くなります。ですから、もし、疲れて限界を感じているママやパパは、おしゃぶりを上手に使って、家事をしたり、少しでも睡眠時間を確保したりしましょう。

おしゃぶりの使用で注意したいこと

・楽だからと1日中おしゃぶりをさせることは止めましょう。赤ちゃんの要求が聞こえなくなってしまいます。
・夜泣きでおしゃぶりをさせる場合、おしゃぶりホルダーは外しておきましょう。紛失する場合もありますが、ホルダーの紐が首に絡まってしまったら大変なことになります。
・必ずおしゃぶりを使った方が良いというわけではありません。おしゃぶりを使わなくても上手に乗り切れるようなら、それが一番です。
・おしゃぶりが合わない子もいます。口に入れてあげてもプッと出してしまいます。押さえてあげれば吸い始めますが、合わない子はずっと押さえないとプッと出てしまうので、結局時間がとられます。おしゃぶりを使う意味が分からなくなります。そんな時はあきらめましょう。
・嫌いな子もいます。おしゃぶりをさせても泣き止みません。そういう子に、無理やりおしゃぶりを与える事は、赤ちゃんの為に良くありませんので、あきらめましょう。他に安心するグッズがあるかもしれません。
・歯が生えてくるころは、歯茎がかゆく、ついおしゃぶりのゴムの部分を噛み、飲み込む危険性があります。噛むようになったら、おしゃぶりの代わりに歯固めを用意してあげましょう。歯固めも安心材料となるかもしれません。

おしゃぶり卒業の時期

おしゃぶりは役に立つアイテムですが、大きくなるまで使用すると、歯への影響が気になります。専門家は、2歳半までには、おしゃぶりを卒業するように勧めています。2歳以上も夜泣きする子はたくさんいます。夜泣きの時だけおしゃぶりをしてもよいかもしれません。そして、やはりいつかは卒業の時がきます。おしゃぶりに執着しすぎると、反対に夜中おしゃぶりを探して夜泣きをするということになりかねません。おしゃぶりが欲しいと夜泣きするようになってしまったら、数日は大泣きを覚悟で、トントンしてあげたり子守唄を歌ってあげたりして対策しましょう。数日後には、おしゃぶりなしでもぐっすり寝てくれるようになります。卒乳みたいなものですね。
赤ちゃんの夜泣き対策グッズで寝不足を解消できるものは?

まとめ…アイテムは上手に使おう

育児は楽しさもありますが、大変さもあります。夜泣きの時期は特に大変です。育児アイテムを上手に使い、少しでもストレスを減らし、笑顔を沢山赤ちゃんにみせてあげましょう。おしゃぶりを使うとしても、使わないとしても、間違いはありません。ママとパパ、そして一番に赤ちゃんのため、上手に活用しましょう。