子育てで最初にぶつかる試練といってもいいほどの夜泣き。夜泣きはいつから始まるのでしょうか。夜泣きに悩んでいるお母さんたちへ、夜泣きと上手に付き合う方法をご紹介。大変な時期ですが、少しでも気持ちを楽にして乗り越えるための参考にどうぞ!

夜泣きとは

夜泣きとは、夜になると理由もなく泣いてしまうことです。
夜泣きの原因は解明されておらず、解決策なども特にありません。
なにをしても泣き止まず悩んでいるお母さんはたくさんいるのではないでしょうか。

「夜泣き」といっても個人差があるのが特徴です。
その子によって、夜泣きを始める時期も、タイミングも、夜泣きの仕方も違うのです。

おむつも濡れていない、具合が悪そうなわけでもない、おっぱいをあげても泣き止まない。
なにをしても泣き続けてしまう子もいれば、ある程度泣けば寝てくれる子、逆に夜泣きをまったくしない子もいます。

お母さんやお父さんにとっては、夜の睡眠をしっかりとることができず子育ての中で初めての試練ともいえるのではないでしょうか。

夜泣きはいつからいつまで?

一般的には、3か月ころから1歳くらいまでと言われていますが、夜泣きには個人差があります。
夜泣きは一つの個性であり、十人十色。
始まるタイミングも終わるタイミングも予想できません。

私の子供を例にあげます。

 

1人目

産まれたその日から夜になると激しく泣きました。
最初は、夜泣きだとは思わずおっぱいが足りてないのかな・・なんて思っていましたが、1歳を過ぎるまでほぼ毎日のように夜泣きが続きました。
夜なく時間は毎日違うし、泣く度合いも違いました。
泣いた後にひと遊びしてから寝る時期もあり、1歳を過ぎるまでは夜の睡眠にはとても悩まされましたよ。

 

2人目

1人目の経験から、産まれた日から夜泣きを覚悟していましたが、入院中はまったく泣かず、夜の睡眠が十分にとれるほどでした。
退院してからも、場所が変わるから夜に泣いてしまうかと思いきや、まったく泣かず・・・
3ヵ月に1度くらいのペースで夜泣きはありましたが、1歳を過ぎるまで夜泣きにはあまり困りませんでした。泣かないことで逆に不安にもなりましたね。

 

3人目

生後1か月ころから夜泣きが始まりました。
この子は規則的で、毎晩21時ころ布団につれていくと泣きはじめ、2時間ほど別の部屋で抱っこをしながらTVを見たり、旦那と話しをしていると寝て、あとは授乳の間隔までは起きることなくぐっすり寝て、授乳が終わると朝まで寝るというリズムでした。
生後6か月ころになるとぴたっと夜泣きがなくなりました。

同じ母親から生まれる子供でも、こうも個人差があるのです。ですから、ネットや育児書の通りにはならないもの!と割り切る気持ちも大切ですね。

夜泣きの原因は?

はっきりとした原因はまだわかっていません。
しかし、子供の成長や日中に受けた刺激、生活リズムの乱れが原因になっているのではという意見もあります。
実際に自分の子供の夜泣きのリズムを見ていると、普段と違う場所へ行った日やお昼寝をたくさんしてしまった日、なにかができるようになる時期に夜泣きがすすごくなりました。
また、寝る場所に行くと暗闇に不安を感じたり、なかなか寝付けなかったり、ママにくっついていたい時なども夜泣きの原因になっているのではないでしょうか。
また、自分の気持ちに余裕がないときに限って夜泣きがエスカレートしてしまった経験もあります。
小さいながらにお母さんの異変にもきちんと気が付いているのかもしれませんね。

夜泣きと上手に付き合っていく方法

夜泣きに解決策はありませんが、夜泣きを軽減させたり、上手に付き合っていく方法はたくさんあります。いくつかご紹介するので、赤ちゃんとお母さんにあった「夜泣きのしのぎ方」などを見つける参考にしてみてください。

日中から夜泣き対策を

  • 早寝早起きを心掛ける
  • お昼寝を長時間させない
  • 日中たくさん遊ばせる
  • 生活リズムを整える

これをしたからと言って夜泣きがなくなるわけではないですが、夜ぐっすり寝かせるためにも、この4つを心掛けることは大切です。
生活リズムが崩れてしまうと大人でもなんだか不調を感じたりしますよね。
生活習慣は子供から大人までとても大切なことなので、夜泣きをするしないに関わらずしっかりしていきたいものです。

子供と一緒にお昼寝を

子供がお昼寝をする時間はついつい溜まっていた家事や仕事をしてしまいがちですが、夜泣きをしている時期は、ぐっと我慢して一緒にお昼寝をしましょう。
睡眠不足で家事育児をすることはとてもストレスになってしまいます。
夜寝たいのに子供が夜泣きをしてしまうと、どうしてもイライラしてしまい、子育てが苦痛に感じてしまうこともあります。
夜泣きで精神的に不安定になってしまうお母さんも少なくないです。
なので、夜泣きの時期は特にお昼寝の時間を確保することが大切です。
夜泣きに対して心の余裕があるのとないのとでは全然違ってくるので、自分のためにも赤ちゃんのためにもお昼寝ができるときはなるべくするようにしましょう。

どうしても泣き止まないときは・・・

  • 車でドライブをしてみる
  • TVの音や話し声を聞かせてみる
  • 思い切って遊ばせてみる

この3つを見て、子供の生活によくないのではないか・・くせになってしまっては・・と思うお母さんもいるのではないでしょうか。
夜泣き対策でこの3つを実践している人は意外と多いようです。
実際私も3つともしていました。

車の揺れは眠りを誘うのにとっても効果的。
TVの音やママとパパの話し声などは安心感に繋がる。
最終手段として、遊ばせてみるのも一つの手です。

普段は抱っこをして寝かしつけるよう心掛けていましたが、自分に余裕がないときやどうしても泣き止まないときなどはどれかをしてみていました。
1歳を過ぎるまでは、癖がつくことも日中に支障がでることも得にありませんでした。

お母さんがストレスでいっぱいにならないよう、たまには手を抜くことや周りに頼ることも大切です。
頑張り過ぎない程度に夜泣きと上手に付き合っていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
夜泣きが始まるとストレスや不安で押しつぶされそうになったりしますが、夜泣きはずっと続くものではありません。
長い子育て期間の中のほんの一部です。
気づけばママに抱っこされなくても、ママが隣にいなくても一人で寝てしまう日があっという間にきます。
夜泣きは子供の成長の証でもあるので、上手に付き合いながら子供との大切な時間として一緒に乗り越えていきましょう。
赤ちゃんの夜泣き対策特集!ママの寝不足を解消するグッズ一覧