赤ちゃんを育てているママの大多数が経験する赤ちゃんの夜泣き。
初めての育児でいっぱいいっぱいのママは、夜中の授乳やおむつ替えだけでもヘロヘロなのに、何をしても泣き止まない赤ちゃんを抱いて大変な思いをしています。

夜中に何度も起こされて、睡眠不足の上に日中は赤ちゃんの世話に家事。
こんな毎日が続いたら、ママも泣きたくなってしまいますよね。
突然始まり、ママたちを悩ます夜泣きについてまとめてみました。

そもそも夜泣きとは何なのでしょうか?

夜泣きとは赤ちゃんが夜中に泣くことではなく、はっきりとした理由がないのに生後三か月以降の赤ちゃんが夜中に泣き出すことをいいます。

大人が夜に寝て朝に起きるという毎日が過ごすことができるのは、体内時計が正しく働いているためです。

ですが生後4か月目までの赤ちゃんは、体内時計の機能が未発達のため、昼と夜の区別がつかず短いサイクルで寝たり泣いたりを繰り返すことで夜泣きが始まってしまうのです。

そもそも赤ちゃんの睡眠周期は大人と比べると短いので、眠りが浅い状態が多く夜中に目を覚ましやすいようです。

夜泣きの原因ははっきりと解明されてはいませんが、睡眠リズムや発達の過程が原因ではないかと言われています。

どうして夜泣きするの?

赤ちゃんが日中起きている間に不安になったり、興奮しすぎて寝付けなかったり、また
眠り方が分からなくて泣くなど赤ちゃんによって様々な原因が考えられます。

初めての経験をした夜に夜泣きがひどくなるケースが多いようです。
例えば初めて公園に連れて行った、知らない人に会った、犬にほえられたなど。
赤ちゃんは寝ている間、脳の中で昼間に受けた刺激や情報を繰り返しながら処理しています。
刺激が大きければ大きいほど、夢の中で処理している時に起きてしまい夜泣きしてしまうのです。

夜泣き対策、どうしたら泣き止むの?

赤ちゃんが何をしても泣き止んでくれない…そんなときはどうしたらいいのでしょうか。
まずおむつが濡れていないか、お腹がすいていないか授乳時間のチェックを。
汗をかいていたり、手足が冷えていないかなど、赤ちゃんが不快になっていないか原因を探しましょう。

寝言として泣く場合もあるので、慌てて抱き起さず、泣いている赤ちゃんを観察してみましょう。
それでも泣き止まない場合、実践していただきたいのがお母さんとのスキンシップです。
赤ちゃんはお母さんに触っているだけで安心します。
でも夜中に起こされて眠たいのはお母さんも一緒。
座椅子やソファーにもたれながら赤ちゃんを抱っこするだけでも赤ちゃんは落ち着くはずです。

毎日の生活リズムを整えるのも効果的です。
毎日遅くても7時までには起こしてあげましょう。
朝起きる時間が同じだと、お昼寝の時間なども自然と定まってくるのでリズムが整いやすいです。
朝日を浴び、決まった時間に食事をとり、日中は外出して体を動かすようにしましょう。

生活リズムを作るのと同じくらい大事なこと、それは入眠儀式を作ることです。

毎晩決まった時間に同じ行動をして、「今から寝る時間なんだ」と赤ちゃんに覚えさせてあげることです。
例えば入浴後に部屋の照明を暗くしてテレビなども消し、寝室に行って子守唄を歌ったり絵本を読ませるといったことです。

また眠る前にマッサージをすることも効果的です。
人間の体は眠る前に体温が下がります。それは赤ちゃんも同じで手足から熱を放出して体温をさげようとします。

赤ちゃんの足を温めることで、眠りにつくための手助けになるのです。
ふくらはぎや足裏を軽くもんだり、優しくさすってあげるといいですね。

また、昔からの定番ですが、カモミールティーを飲んだりや癒しの音楽を聴くことでスッと寝ることも多いです。
ママもカモミールティーを飲んだり音楽を聴くことでリラックスし、その落ち着いた気持ちが赤ちゃんにも伝わることで、夜泣きが落ち着きます。
昔からの方法ということはそれだけ効果があるから長く使われている方法ということですので、興味のある方はご覧ください。
>>夜泣き対策の定番グッズ

それでも夜泣きしてしまったら?

しばらく泣き止まないようなら抱っこしてあげましょう。
背中をトントンしながらゆらゆらと体を優しく揺すってあげると赤ちゃんは安心するでしょう。
ただこの方法は20分、30分と長期戦になる可能性があります。
ママもずっと抱っこしているのは大変なので、抱っこひもやスリングを使用したり、バウンサーに寝かせて揺するのも負担が減っていいですね。
ママばかりが寝かしつけるのではなく、ぜひパパにも参加してもらいましょう。
パパの大きな体と手で安心して寝てしまう赤ちゃんも多いので、ぜひ夫婦で赤ちゃんの夜泣きに付き合ってあげましょう。

優しく子守唄を歌うことも、赤ちゃんの気分が落ち着き、眠りやすくなります。
できるだけゆっくりと、また同じ子守唄を歌ってあげることがポイントです。

授乳やミルクをあげると安心して泣き止むこともあります。

思い切って外に連れ出してみるのも方法です。 夜風にあたったり車で近所をドライブすることで振動で眠ってしまうことも多いです。
ただ夜中に外出するので、ご近所の迷惑にならないように配慮するようにしましょう。

夜泣きで悩んでいるお母さんに

ほとんどのお母さんが夜泣きに悩まされています。きっとあなただけではありません。
育児中のお母さんは産後の体力回復中であったり、睡眠不足であったりと本当に大変です。
ただお母さんの体調不良やストレスも赤ちゃんに伝わってしまうため、夫や両親、他人に頼って息抜きをすることが夜泣き解消のコツではないでしょうか。

赤ちゃんが夜泣きをする理由は様々で、いつ何をしたから解決したということはありません。
お母さんと赤ちゃんにあう夜泣き対策を見つけて、いつかは終わりが来る夜泣き期間を乗り越えてくださいね。