新生児に夜泣きはあるの?

新生児の赤ちゃんが夜に泣いていることを夜泣きと思っていませんか?
実は、新生児の赤ちゃんが夜泣くことは夜泣きとは言いません。
新生児の赤ちゃんが夜に泣いてしまう原因と対処法について紹介しますので、出来そうなことからチャレンジしてみましょう。

そもそも夜泣きとは?

夜泣きとは、おなかも空いておらず、おむつも濡れていないのに赤ちゃんが夜中に突然泣き出し、抱っこしてもなかなか泣きやまないことを指します。
ひどいときは寝かしつけに成功したと思ってもまたすぐに起きてしまい、それが朝まで延々に続くこともあります。
夜泣きは早い子で生後3か月から始まり、8か月頃が夜泣きのピークとされ、だいたい1歳頃には落ち着くと言われています。
しかし、成長に個人差があるように夜泣きにも個人差があり、夜泣きが激しかった子や逆に夜泣き自体がなかったという赤ちゃんもいます。
また、時間帯や時期や期間も決まりはありません。

ではなぜ新生児の赤ちゃんは夜泣くの?

赤ちゃんが生まれて喜びも大きいですが、休む暇もなく、育児に明け暮れているママが多いと思います。
新生児の赤ちゃんはどんなにママが頑張ってもなかなか泣きやんでくれないこともあり、どうしたらいいかわからなくなってしまった経験が1度はあるのではないでしょうか。
新生児の赤ちゃんは朝に起きて、夜に寝るという体内時計の機能がまだ十分に備わっていないため、朝や夜の区別がなく泣いてしまいます。
そのため短いサイクルで寝たり起きたりすることを繰り返し夜泣きにつながります。

昼と夜の区別ができていない

新生児の赤ちゃんはそもそも昼と夜の区別がまだできておらず、大体3か月頃から昼夜の区別がついてきたり生活リズムができたりするものです。
そのため、新生児のうちは夜中に赤ちゃんが何度も泣いたり、ぱっちり目を覚ましてしまっても付き合ってあげるしかないとも言えます。
ママのおなかの中にはほとんど暗さが昼と夜で変わらないため、お腹からでてきて判断することができないのは当然です。
病院の看護師さんに胎動が激しかった時間帯、特に夜中は赤ちゃんがよく起きて泣くよと言われましたが、その通りに夜中は赤ちゃんが寝てくれず大変でした。

新生児の赤ちゃんの夜泣きの対策は?

赤ちゃんの寝ぐずりや夜泣きに毎日毎晩付き合っているとママは疲れてしまいますし、なんで寝ないのと余裕がなくなり怒鳴ってしまうことがあります。
そこで、寝ぐずりや夜泣きに対策はあるのでしょうか。
主に対策として3つあり、ひとつひとつ紹介していきます。

生活リズムを付ける

体内時計の機能ができていない赤ちゃんにも朝や夜の体内リズムを教えてあげましょう。
朝は決まった時間に起こし日光を浴びさせること、朝には顔を拭く、着替えをすることなど朝の儀式をつけるといいかもしれません。
また、夜は早めに部屋を暗くすることで、夜だということ、夜は寝る時間、ここの部屋に来たら寝ると覚えさせるのもいいでしょう。

体を冷やさない

赤ちゃんは体温調整がうまくできません。
そのため寒いや暑いといったことも泣くことでしかママに伝えることができないため、こまめに赤ちゃんの体が冷えていないか確認することや赤ちゃんのちょうどいい気温にしてあげることが大切です。
また、夜寝る際は添い寝してあげると赤ちゃんの体温が分かり、赤ちゃんもママとの添い寝で安心してゆっくり眠ることができます。
さらに、沐浴後は寝かしつけに適した時間帯といえます。
赤ちゃんは体が冷えていると泣いてしまうことがあるので沐浴後も体を冷やさないように気を付けましょう。

ストレスを溜めない

ママが育児のストレスや寝不足などのいらいらしていると、赤ちゃんは敏感なためママのちょっとしたことでもすぐに伝わり不安になってしまいます。
また、心が不安定になり、夜に泣いてしまうこともあります。
産後は出産と育児でたくさんになっているママが多いため、育児はママがするものではないので、周りの家族に協力してもらいましょう。

赤ちゃんとスキンシップを大切に

赤ちゃんはママとのスキンシップが大好き。
そのため、スキンシップが不足しているとそれを言葉にだそうとして夜泣きをすることがあります。
夜泣いていたら抱きしめてあげたり、静かに抱っこして揺らしたり添い寝してあげましょう。
赤ちゃんの足や太ももをママの手や甲で撫でてあげることやマッサージするのも効果的です。
また、授乳やミルクをあげることもママと密着するので赤ちゃんの精神も安定します。

まとめ

新生児のお世話は思いがけないほど大変なため、周りの家族に協力をすることや自分だけが大変と思わずみな悩んでいることも忘れないことが大切。
赤ちゃんが夜泣くことは当たり前であり、昼と夜の区別ができていないことや睡眠サイクルも短いために泣いてしまいます。
ママがイライラしてしまうと逆に不安になりますます泣いてしまうため、「夜泣きは成長過程」と考えることが大切。
また、赤ちゃんとママが笑って育児ができるような環境づくりも心がけましょう。
赤ちゃんの夜泣き対策特集!ママの寝不足を解消するグッズ一覧