出産をして夜泣きの試練が始まり悩んでいるママやパパはたくさんいますね。しかし中には、夜泣きをしない赤ちゃんもいます。夜泣きをしないけどいいのかな?と逆に心配をしている人もいるのではないでしょうか。するしないに関わらず、気になってしまう「夜泣き」。今回は、そんな赤ちゃんの夜泣きとの付き合い方についてまとめました。

夜泣きには個人差があるって本当?/h2>

夜泣きとは、夜になると赤ちゃんが突然泣き出して、なかなか泣き止まないことや、寝てくれないことです。

夜泣きには個人差があって、その子によって夜泣きをする頻度も度合いも違ってきます。
産まれてすぐに夜泣きが始まる子もいれば、3~6か月ごろに急に始まる子もいるし、何か月かおきに起こる子、ずっと続いている子、全く夜泣きをしない子など、個性がでるのが特徴です。

私の子供は、一人目は夜泣きが産まれた日からひどく、毎晩眠れない日々が1歳をすぎるまで続きました。
一人目の経験から二人目も夜泣きの心配をしていましたが、3か月に1度夜泣きをするぐらいで普段はまったく夜泣きをせず、楽をしていいのかと心配になるほどでした。
三人目は3か月ころから毎晩23時から24時に決まって泣き、あとは朝までぐっすり眠るというのが続きました。

このように兄弟でも一人ひとり夜泣きの特徴や頻度が違います。

夜泣きの原因はまだ解明されていないのが現状です。
しかし、日中普段と違う行動をしていたり、なにか刺激を受けたり、生活リズムが崩れると夜泣きをする子が多いようですね。

夜泣きが即刻終わる!そんな対処法はあるの?

夜泣きが収まる方法は特にありません。
しかし、生後3か月を過ぎたあたりからなら、昼夜のメリハリをつけ、生活リズムを整えることで、夜泣きの頻度が減ることがあります。

また、夜泣きは夜の睡眠もうまくとれずとてもつらいですが、ずっと続くわけではありません。
大変ですが、赤ちゃんの成長に必要なことだと考え、乗り越えましょう。

 

朝起きる時間、夜寝る時間を決めてリズムを整える

早寝早起きは子供に限らず大人にも大切なことですね。
生活リズムを整えることを心掛けてみましょう。

 

赤ちゃんに寝る時間を教えよう!寝る空間づくりを意識する

寝る時間になったら、部屋を暗くして寝る空間を覚えさせましょう。
ずっとお腹の中にいた赤ちゃんは昼夜の区別がまだついていません。
なので、朝は太陽の光を浴びさせてあげて、夜は暗くして寝ることで感覚とリズムを覚えさせてあげましょう。

 

寝る前にリラックスさせてあげる

スキンシップをたくさんとったり、お風呂上りにベビーオイルなどを塗りながらマッサージをしてあげると効果的です。
お布団も温めてから寝かせてあげると眠りにつきやすいですよ。

夜泣きする子としない子ではなにか差が出るの?

夜泣きは個人差があり、個性の一つと言えます。
夜泣きをするのが普通、夜泣きをする子は甘えっこ。
そんなことはありません。
夜泣きは成長過程の一つで、その子によって度合いも違うので、夜泣きをしないからと心配にならなくても大丈夫です。

しかし、いつもと様子が違うようであれば、なにかのSOSかもしれません。
普段から子供の様子をよく見ておけばそのSOSにいち早く気づいてあげることができます。
夜泣きをしてもしなくても、普段とちょっと様子が違うなと感じたら、体調不良やストレスの可能性などを考えてみてください。

イライラせずに夜泣きと上手に付き合うコツとは一体?

夜ずっと夜泣きをしてしまうと、睡眠時間もとれずとても大変ですよね。
おっぱいをあげても、ミルクを飲ませても、おむつを取り替えても泣き止んでくれない赤ちゃん。
だんだんイライラしてしまう、辛くなってしまうお母さんは多いのではないでしょうか。
私も一人目の時はとても精神的に参ってしまうほどでした。

夜泣きを乗り越えるためにみんなが実践していることをご紹介します。

環境を変えてみると気分転換に!

お部屋を少し移動してみたり、外の空気を吸わせてみたり、少し環境を変えて気分転換させてあげましょう。
ドライブに出かけてみるのもいいでしょう。
車の揺れは眠くなる子が多いようで、どうしても寝ないときはドライブに出かけるお母さんがたくさんいます。
寒くないようにして抱っこ紐やおんぶ紐に入れてお散歩をしてみるのもいいですよ。

TVの音、話し声を聞かせて気をそらせる作戦も

静かな部屋で泣き声をひたすら聞きながら寝かしつけようとすると、お母さんもストレスになってしまいますよね。
あまりにも泣き止まないときは、TVを見ながら抱っこをしてみることや、旦那さんとのおしゃべりを楽しんでいるうちに子供がいつの間にか寝ていることも。
寝かしつけようとしてもダメなら、寝かしつけることを忘れて他の事を一緒にしていましょう。
心に余裕もできるし、赤ちゃんがTVの音やママとパパの話し声を聞きながら安心して寝てくれることもあるのでおすすめです◎
静かな環境で寝かせてあげないと子供に悪影響なのでは・・と心配にもなりますが、夜泣きは一時の試練です。
ずっと続くわけではないので、お母さんに余裕がないときぐらいなら大丈夫ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
子供の夜泣きはしてもしなくても心配や不安、ストレスがでてきてしまいますよね。
時にはわが子が小悪魔に見えてしまうこともあります。
ですが、夜泣きは個人差があり成長の証です。
普段と変わらない様子であれば特に心配することもないので、安心してくださいね。
夜泣きの時期は子育てがより一層大変に感じてしまいますが、適度に手を抜きながら心に余裕をもって乗り越えていきましょう!
赤ちゃんの夜泣き対策グッズでママの寝不足を解消