一般的に夜泣きとは、1歳半ごろを目途に徐々に落ち着いていくと言われていますが、子供の中には3歳以上になっても夜泣きが続いてしまう子供もいます。
また逆に、赤ちゃんの頃は全く泣かなかったのに、急に3歳を過ぎてから夜泣きが始まってしまったケースもあります。

幼児期に入り、保育園や幼稚園に入ってママやパパもやっと落ち着いたころに夜泣きが始まってしまうと、とても心配ですよね。
子供自体も睡眠不足が気になりますし、大人もとても体力を消耗してしまいます。

「もう3歳になったのに・・・」「何かの病気・・・?」
と頭を抱えてしまうこともあるでしょう。
そこで、3歳の夜泣きについての原因や対処法、また夜泣きにつながってしまう病気について紹介したいと思います。

3歳の夜泣きには、赤ちゃん時代とは違った原因と理由があります。
どうして夜泣きをしてしまうのか、ママとパパが正しい理由を知ることで、夜泣きを克服していくことにつながるのです。

3歳児の夜泣きの原因を紹介

次から具体的に何が原因で3歳児が夜泣きをするのかを紹介します。
いきなり対策を知りたい気持ちもわかりますが、そもそもの原因を知っておくことで、様々なケースに応用できるようになりますので是非ご一読ください。

日中におこった出来事が原因の場合

3歳以上の子供の夜泣きの場合、日中に起こったことが影響することがよくあります。
パパやママに怒られてしまった日、お友達と喧嘩してしまった日、ぐっと我慢した日、
おもいっきり遊んだ日など普段と違う過ごし方をした日は夜泣きをしてしまうことがあります。
赤ちゃんでも日中の刺激が多かったり、うまくお昼寝ができなかった日などは夜寝つきが悪くなったりしますが、3歳以上の子供はそれがさらに顕著に出ます。

夜泣きがひどかった日、昼間何をしたかよくよく思い出してみると、何か思い当たる出来事があるかもしれません。
また不快感を覚えた経験によって眠っている間に怖い夢を見てしまうこともあります。
緊張やプレッシャーでおねしょをしてしまい、夜泣きをしてしまうという場合もあります。

赤ちゃん返り

弟や妹が産まれた場合、それまでぐっすり寝ていた子供が赤ちゃん返りしてしまい、夜泣きが始まってしまうことがあります。
これまでママとパパの愛情を独り占めしていたのに、他のことに向いてしまったことで、赤ちゃんに戻ってママとパパの愛情を取り戻したいという気持ちからきています。

また3~4歳になると、「おにいちゃんおねえちゃん」として頑張るぞという気持ちが出てくるころでもあります。日中我慢することが増えてくる反面、寂しさや不安も抱えてしまうため夜泣きという形で表れてしまいます。
もっと甘えたい、という気持ちが強いので、下の子が寝ている時などに十分にスキンシップをとるようにして、子供が抱えている不安を取り除いてあげることが大切です。

怖い夢を見た

怖い夢を見て夜泣きした場合、どんな夢を見たのか聞いても、泣いてしまって夢の内容を覚えていることはほとんどないようです。
そんなときは落ち着くのを待って、「怖い夢でも見た?」と聞いてみてください。
何が怖かったのか教えてくれるかもしれません。

子供は大人に比べて浅い眠りのレム睡眠の時間が多いため、夢を見やすい傾向にあります。
さらに子供はちょっとしたことでも恐怖を感じてしまうために、怖い夢を見やすいと言われています。

怖い夢を見て泣いてしまった場合、抱き上げてトントンと落ち着かせてあげることで安心感が得られます。
汗をかいているようでしたら着替えさせてあげて、一度起こして温かい飲み物などで気持ちを落ち着かせてあげましょう。
その時完全に目が覚めてしまった場合は、子供が好きな絵本やお話をしてあげたり、子守唄を歌ってあげたりして眠りにつくまで付き合ってあげましょう。
ただ部屋の電気は明るくせずに、間接照明などで薄暗いままにしておきましょう。

夜驚症

夜驚症とは睡眠障害のひとつで2~3歳以後に現れることが多く、通常は思春期までに消失します。
だいたい入眠後2時間以内に突然症状が現れます。
睡眠と覚醒のリズムが完成していないことが関係していると言われていますが、確かな原因ははっきりと判明していません。また親の育て方との因果関係も特に指摘されていません。
ただし、夜驚症を引き起こす誘因として、怖いテレビやアニメを見た、幼稚園や保育園で叱られた、お友達と日中遊びすぎて興奮したなど、刺激になるような出来事が原因の一つとして考えられています。

夜驚症の症状

  1. 睡眠中に突然覚醒する
  2. 強い恐怖の表情やしぐさを示し、汗をかいて呼吸や脈が荒くなる
  3. 家族が起こそうとしても反応が薄い
  4. 翌朝に本人に尋ねても、まったく覚えていない

などの特徴があります。
特に治療の対象とせず、経過を見ていくことがほとんどのようです。
前に述べたように、思春期までには消失します。
ママの不安を取り除くことが重要なので、不安であるなら小児科や睡眠外来に相談に行くことも大切です。
ただ、夜驚症と同時に家や窓から出ていこうとしたり、階段から落ちてしまいそうになるなどの危険な行動が伴う場合は治療の対象となるようです。

3歳児の夜泣きへの対策方法

子供を落ち着かせ、ママもリラックスしながら夜泣きを解決できる話題の夜泣き対策グッズがあります。
口コミで話題となり、ママとお子さんの安全や健康にも配慮したものを厳選してますので、参考にしてみてください。

最後に

3歳の夜泣きも成長の過程でおこってしまうものです。
また日中や就寝前の過ごし方で予防できる可能性も高いです。
夜泣きはだんだんと落ち着いていくものなので、優しく見守ってあげましょう。